DODAの転職フェアは行く価値はある


DODAの転職フェアに行ってきました。

転職フェアは、よく電車広告で見ていたので知っていたのですが、実際に行くのは初めてでした。
転職フェアの情報を集めるまでは、就職説明会と似たようなものなのかなという思っていたのですが、全然違うものでした。

エントリー

転職フェアに行くには事前登録、または当日受付でエントリーシートの記入が必要です。
エントリーシートは、いままでの職業経歴を記入する必要があるので、事前登録しておいた方が楽です。
受付票は、印刷して当日持っていきます。プリンタがなければ、当日会場で印刷も可能です。

会場入り

開始時間くらいに到着したのですが、待つことなく受付できました。
入場したら経験したことのある職業のネックストラップをぶらさげます。複数経験があれば複数ネックストラップをぶらさげます。
受付票から自分の情報が入ったカードを受け取ります。これは企業ブース訪問の際にピッとかざすだけでエントリーシートが企業側に送られる仕組みになっています。

受付が終わったらまず10分ほど説明を受けます。
希望であればスカウトブースでスカウトのきてる企業から訪問する企業の選別をしてくれること、ブースアドバイスコーナーを受けるには1社訪問してから受けられることなど説明してくれます。
説明が終わったら企業ブースへ向かいます。
DODAスタッフの方がすかさず企業ブースまで案内してくれます。

企業ブース訪問

何社か企業ブース訪問させていただきました。
説明会というよりも軽い面談という形で、ざっくばらんな話ができました。
転職自体も悩んでいたので、それも説明した上で企業の説明というか働き方を聞いてきました。

企業ブースをブラブラしていると、企業からの声掛けがすごいです。
ネックストラップでIT経験者だと判断して声掛けしてきます。
中には、他の企業のブースに立って勧誘している企業がありました。
DODAスタッフに注意されていましたが、そういう企業は二度とフェアにこないようにしてほしいですね。

何社か面接にきませんかというお誘いもいただけました。
転職フェアのメリットは、書類選考不要で面接してくれるということです。

ブースアドバイス

1社訪問してからすぐにブースアドバイスに行って15分くらい相談させてもらいました。
そこで、どういう企業を訪問すればいいのか勧めてもらいました。
自分では選ばない企業がピックアップされ、実際に話を聞かせてもらいました。

感想

貴重な話が聞けたこと、今後のキャリアの方向性がわかりはじめたので行ってよかったなという感想です。
人はたくさんで疲れましたけど、普段話さない人と話せるのは有意義でした。
あと、事前エントリーしてブース訪問したのでアマゾンギフト券1,000円がもらえました。

服装はスーツの方が多かったです。
中にはTシャツみたいな普段着の方もいましたが、私はオフィスカジュアル程度の服で行きました。
スーツで出かけるのが嫌だったので、ジャケット着たオフィスカジュアルでも全然気になりませんでした。 

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad