ConoHa VPSよりWINGの方がコスパがいい!WINGでssh接続する方法

別サイト立ち上げでConoHa WINGを契約しました。

このブログは2022/6/7現在、ConoHa VPS契約です。VPSとWINGの比較を見ていただくとわかるんですが、月100円強の違いでこんなに差があります。

VPS 1GBWING ベーシック
1ヶ月料金801円 ※1911円 ※2
メモリ1GB8GB
CPU2コア6コア
SSD100GB300GB
※1 VPS割引きっぷ12ヶ月の値段です。
※2 WINGパック12ヶ月の値段です。

レンタルサーバーであるWINGの方が、断然性能がいい!そして、評判もいい!

VPS契約した理由はPythonプログラムを動かしたかったから。VPSの魅力は、root権限が付与されるので自由です。ただ、メンテナンスが大変なので素人にはおすすめしません。
プログラムを動かしたい人にはVPSの方がなんでもできて便利です。

脱線しましたが、WINGを契約すればFTP接続はできます。SSH接続鍵の作成が必要です。

Pythonのパッケージをインストールしたかったので、SSH接続できるようにしました。
Word Pressのテーマファイルを編集してアップするくらいならFTP接続でも問題なくできます。

SSH接続方法について書いていきます。

スポンサーリンク

コントロールパネルでSSHの鍵作成

まずはConoHa WING のコントロールパネルでSSHの鍵を作成します。

サイドメニュー「サーバー管理-SSH」に移動して「+SSH Key」をクリックします。


ネームタグ入力画面がでてくるので、自分のわかる名前に変更してもいいですし、そのままでも大丈夫です。
「保存」をクリックします。


プライベートキーが作成されるので「ダウンロード」をクリックします。

「ネームタグで指定した名前.pem」というファイルがダウンロードされました。

今回の指定では、「key-wing.pem」

目次に戻る

Tera Termで接続

私はTera Termという老舗ツールで接続しています。インストール方法は、公式が説明してくれています。

他のツールを使って接続しても大丈夫。

コントロールパネルに接続に必要な情報が記載されています。


Tera Termにコントロールパネルの情報を入力します。


セキュリティ警告が表示されますが「続行」をクリックします。


ユーザ名を入力し「RSA/DSA/ECDSA/ED25519鍵を使う」にチェックします。
秘密鍵の入力欄右横にある「…」をクリックします。


コントロールパネルで作成したSSH鍵「ネームタグで指定した名前.pem」を指定します。


「OK」をクリックします。


無事接続できました。

これでPythonのパッケージをインストールできる環境が整いました。

目次に戻る

くるりん

新入社員の頃にシステムエンジニアの会社に入社。その後、WEB制作系の仕事に転職しました。

くるりんをフォローする
linux
スポンサーリンク
くるりんをフォローする
Memorandums
タイトルとURLをコピーしました