ナイツテイルは今まで見たミュージカルとはなにか違う


ナイツテイルを見てきました!

最近見てきたミュージカルはセットが入れ替わることが多かったんですが、ナイツテイルはセットは固定で小道具を自分たちでセットする形でした。
お花が吸盤形式になっているて、何人かの役者さんかお花を植えていく感じ?でした。

舞台装置の真ん中がくるくる回るんですが、光がきれいでした。
最初のシーンで赤く光ったり、途中のシーンでは青く光ったり、グラデーションで光ったりとてもきれいでした。

井上さんと堂本さんの二人のためのミュージカルだなぁと思いました。
身長が高い低いとか結構見た目をいじってくるのがめずらしいなぁと。

堂本さんは殺陣や踊っているシーンが映えます。
さすがだなぁと思いますし、エミーリアへのアピールがあからさまですごい!

井上さんは歌がやっぱりうまい!!

音月さんは踊って歌えてスタイルがいい!
この人たち狂ってるみたいなセリフのシーンがいいです。

上白石さん、かわいい。
上白石さんが歌う歌がいい曲です。
最後、井上さんが「最初に見つけたのは俺だー!!」って言うシーンでわーんって泣いたのもかわいかったです。

岸さんは声がいい。
最初と2幕目上がるときのナレーションがとてもいい声でした。

島田さんはメイクすると印象が変わります。

4人で歌うシーン、流行ってるんですかね。
王家の4人で歌うシーンがよすぎたので、そんなに印象的ではなかったです。

最後のカーテンコールでは、みんなが真ん中に集まって前の人は正座して挨拶して珍しい光景でした。
挨拶シーンでは、2人が真ん中であいさつして世間話しているのも珍しかったけどよかったです。

結構明るいミュージカルだなぁという印象でした。

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad