ゴスペラーズ坂ツアー2021はいい選曲で立てないのが悲しかった


ゴスペラーズ坂ツアー2021 “アカペラ” #あなたの街にハーモニーを に行ってきました。

緊急事態宣言中のツアーなので、1席ずつあけたソーシャルディスタンスバージョンのツアーになりました。
会場のいたるところで感染対策が施されています。

グッズも会場では買えず、ちょっと離れた場所(数分歩く距離の場所)での販売となっていました。

開演までは、モニターに手洗いソングの動画などが流れていました。

開演中、拍手はOKですが、歓声・立つのはNGでした。

今回、アカペラ2のツアーということで、アカペラドラマ仕立てでした。
声優の小野大輔さんがセリフを言い、黙読であなたを観客席が読む形のドラマでした。

小野さんの声、いいですね。さすが声優さんです。

インターバルという曲で、各個人が登場するシーンがあって、その時初めて各個人の特徴を歌った曲だと知りました。
あまり歌詞を気にしないで音楽聞くので、気づいていませんでした。
途中、コリアンダーとかクミンとかカレーのスパイスのことばっかり言って、黒ぽん思い出すな~とは思っていたんですけど、各個人のことを言っているのは本当にライブのあの演出がなければ気づけなかったです。。

MCは相変わらず面白いので思わず笑ってしまいました。

城田優君とタマホームのCM収録の話をしてくれました。
ミュージカルスターのオーラがすごいらしく、言ったらなんでもやってくれるそう。
どういう風に歌ってもらいたいか伝えると、要望通り全然歌の雰囲気も変わった歌い方をしてくれるらしいです。

城田君の出演してるミュージカルを生で見たことなです。
一度は生で見てみたいと思うのですが、他の予定と重なってなかなか見れないことが多いです。
こういうの聞くと見たくなっちゃいます。

UPER CUTS 9502歌ってくれた時は、本当に立ち上がって聞きたかったです。
コロナ過なので仕方ないですが、こういうのがライブのもどかしいところですね。

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad