Atomというエディタを使ってみる

key

 
Atomを使ってみます。
起動時はテキストとして認識します。
文字コードとテキスト形式は右したのバーに表示されます。
文字コードをクリックします。
01_AtomUse

 
好きな文字コードが選べます。
02_AtomUse

 
テキスト形式をクリックします。
03_AtomUse

 
好きなテキスト形式が選べます。
04_AtomUse

 
htmlを選択するとタグに色がつきました。
05_AtomUse

 
Ctrl+Shift+pでコマンドパレットが表示されます。
ショートカットキーも教えてくれます。
06_AtomUse

 
Ctrl+Shift+mでマークダウンプレビューが表示されます。
07_Atomuse

 
Ctrl+kの後↓で下に分割表示されます。
08_Atomuse

 
Ctrl+kの後→で右に分割表示されます。
矢印の向きで分割表示される方向が変わります。
09_Atomuse

 
Ctrl+fで検索、置換ができます。
赤枠内は正規表現などのオプション指定や検索、置換ボタンになってます。
10_AtomUse

 
Ctrl+Shift+fでプロジェクト内の検索、置換ができます。
特定のファイル指定も可能です。
「Find」ボタンがないんですが「Enter」で検索できます。
11_AtomUse

タイトルとURLをコピーしました