FREETELの新商品『極2』と『雷神』はデュアルスタンバイ対応

01_freetel_raijin
FREETELが極2と雷神を発表しました。
どちらもデュアルスタンバイ対応です!

FREETELは良心的なお値段なので、ついつい気になって見てしまいます。
極はnanoSIM×2枚なのに対し、雷神はmicroSIMとnanoSIMです。
SIMの形状は雷神の組み合わせが私的にはうれしい。

これでFOMA SIMが認識すればいいのだけど、どうなんだろうか。
さらにCPUが極だとMediaTek Helio X20 MT6797、雷神がMediaTek MT6750Tなんです。
snapdragonじゃないのがどうなのか心配。

どちらもメモリ4GBメモリで容量64GBなのは希望クリアしているんですが、極はSDカード非対応なんですよね。
雷神はSDカード対応ですが、SIMカードと排他なんでしょうかね~排他じゃなければいいんですが。。。

雷神5,000mAhで183gだったら持っていてもいいかなと思える重さです。
でもFREETELの端末っていろいろやらかすし、購入するには気がひけます。
やっぱり5.5インチzenfone3がいいかなぁ

スペック

製品名 極2 雷神
OS Android 6.0 Android 7.0
CPU MT6797(Helio X20) 10Cores MT6750T Octa Core Cortex-A53
メインメモリ 4GB 4GB
ディスプレイ 5.7インチ (1440×2560)
Gorilla® Glass 3
5.5インチ (1080×1920)
Gorilla® Glass 3
ストレージ 64GB 64GB
カメラ(背面/前面) 1600万画素/800万画素 1600万画素/800万画素
Wifi IEEE802.11 a/ac/b/g/n IEEE802.11 a/b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.1 Bluetooth 4.0
ネットワーク周波数帯 LTE : Band 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 17, 19, 28
W-CDMA(HSPA+) : Band 1, 5, 6, 8, 19
LTE : Band 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 17, 19, 28
W-CDMA(HSPA+) : Band 1, 5, 6, 8, 19
USB Type-C (USB2.0) Type-C (USB2.0)
外部メディア規格 非対応 microSD128GBまで認識
SIMタイプ nano SIM×2 micro SIM、nano SIM
バッテリー容量 3,400mAh ※取り外し不可 5,000mAh ※取り外し不可
カラー メタルシルバー シルバー、ブラック、他1色
高さ×幅×奥行(mm) 157.2×77.5×7.2 153x76x8.7
重量 168g 183g
製品公式 極2 雷神

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad