ローカルに2個目(複数)のWordPressをインストール

wordpress-logo-stacked-rgb


すでにローカルにWordPressをインストールしていたのですが、コンテンツの異なる内容のブログが書きたかったので、あたらしくWordPressをローカルにインストールすることにしました。

Windowsを使用しているのでDBなどはXAMPPを使用しています。
Macの場合はMampが使いやすいです。Mampはダウンロードして設定画面を少しいじればよかっただけだった気がします。
xamppのインストール方法は忘れました。

この記事は、xamppありきの内容になります。

WordPress 公式サイト
WordPress https://ja.wordpress.org/

公式サイトから最新版のWordPressをダウンロードします。
01_WordPress


ダウンロードしたWordPressをxampp¥htdocs内に格納します。
xamppフォルダはお使いのパソコンのインストール先により異なりますので、ご自身の環境にあわせた場所に格納してください。
私のパソコンだとデフォルトのインストール先から変更していないのでCドライブ直下にありました。
02_WordPress


XAMPPの「Apache」「MySQL」を起動しておきます。
03_xampp


phpMyAdminを起動します。
04_xampp


phpMyAdminにて新しいWordPress用のデータベースを作成します。
データベース名にはお好きな名前を入れてください。
05_xampp


ブラウザのアドレスバーに「http://localhost/wordpress(htdocsに格納したフォルダ名)/wp-admin/」を指定すると下記画面が表示されるので「さあ、始めましょう!」をクリックします。
06_WordPress


phpMyAdminで作成したデータベースの名前やユーザー名、パスワードなど必要な内容を記入して「送信」をクリックします。何も設定変更していなければ、ユーザー名、パスワードは”root”のままだと思います。
07_WordPress


「インストール実行」をクリックします。
08_WordPress


サイトのタイトルやユーザー名、パスワードを入力して「WordPressをインストール」をクリックします。WordPressログイン画面でここで設定したユーザー名とパスワードを使用するので、忘れないようにしてください。
09_WordPress


インストールが成功したので、「ログイン」をクリックします。
10_WordPress


先ほど設定したユーザ名とパスワードを入力してログインします。
11_WordPress


ダッシュボードが表示されます。ここでブログ記事の投稿などして更新していくことができます。
12_WordPress


phpMyAdminを見ると、新しく作ったデータベース内にWordPress用のテーブルが作成されたことが確認できます。
13_xampp

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad