Webサイトが閲覧できない!その原因はwho isの認証確認ができてない

web-error

Webサイトが閲覧できないとクライアントから連絡がありました。
いつから見えなくなったか聞いたら、昨日は誰も何も言わなかったから見えていたと思うが、今日気づいた時には見えなくなっていたとのこと。

他の人に確認をとっても、誰もサイトの設定をいじった人はいない模様。
同じサーバーにあるものでも、閲覧できるものとできないものがあるので、サーバーが原因なわけではなさそうです。

サーバーも、ドメインも障害情報は見つかりません。
何が原因か全然わからなず、ネットで検索をかけるもよくわからないです。
でも、同じサーバー上にある他のサイトが見れていることから原因はドメインにありそうです。

見えてるサイトと見えないサイトの違いは、ドメインの契約会社の違いくらいです。
ということで、見えないサイトで契約しているお名前.comに電話で問い合わせをかけることにしました。

電話でドメインを確認してもらったところ、ドメインのWhois認証ができていないので閲覧制限かけているとのことでした。
ドメインのWhois認証確認のメールを送っていたのに、その確認を怠っているのが原因だそうです。

ドメインのWhois認証ができたら、1時間以内にはサイトが見れる状態になると言われました。
他のドメインのサイトでも見れなくなっていることを伝えると、認証確認できていないメールアドレスに紐づくドメインは全て閲覧制限がかかるとのこと。
認証確認ができたら、全てのサイトが閲覧できるようになりますと言われました。

サーバー移行など、情報変更した場合に認証メールが送られるそうですが、何をしたのかわからないです。
認証メールが送られるタイミングをお伝えするのは複雑なので判断できかねるという回答をいただきました。

確認メールを見える人は、社内で一人しかいないのでその人以外何も状況がわかりませんでした。
原因がわかったからよかったですが、契約関係の確認の怠りで無駄な時間がとられてしまいました。
個人サイトなら閲覧制限がかかっても許されますが、会社のサイトはきちんと管理できるようにしないとだめですね!

お名前.comは、電話問い合わせがありすぐに解決できてよかったですが、他の会社だと電話問い合わせがない場合もあるので、こういった緊急事態の時に困ります。

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad