InternetExplorerのサポート期間が変更になる!?

01_ie

結構前にニュースになったんですが、InternetExplorer(以下IE)のサポート期間が変更になるそうです。

InternetExplorerはeの形をしたアイコンでお馴染みのWindows標準搭載のブラウザです。
web制作屋泣かせのブラウザですが、2016年1月16日から各OSの最新版のIEのみサポート対象となるそうです。

Windows XPは2014年にすでにサポート適応外になっているので、現在サポート対象OSはVista、7、8(8.1)とwindows server系です。
公式ブログ Stay up-to-date with Internet Explorer によると各OSのサポートIEバージョンは以下の通り。

Windows Platform Internet Explorer Version
Windows Vista SP2 Internet Explorer 9
Windows Server 2008 SP2 Internet Explorer 9
Windows 7 SP1 Internet Explorer 11
Windows Server 2008 R2 SP1 Internet Explorer 11
Windows 8.1 Internet Explorer 11
Windows Server 2012 Internet Explorer 10
Windows Server 2012 R2 Internet Explorer 11


業務系アプリでIEに依存して開発しているところは、これから大変ですね。

また、Windows7のメインストリームサポートは2015年1月13日(米国時間)に終了しています。
Microsoft公式ページで案内してあります。
今後5年間2020年1月14日まで延長サポートでセキュリティなどの更新はされますが、それ以降は2014年のXP時のようにサポート対象外になります。
企業でもWindows7を導入しているところも多いので、5年後もXP問題のようなことが予想されますね。

最近では、Windows10のプレビュー版もダウンロード可能になってますし、Windows7後継機との噂も強いです。
Windows10からはIEがなくなるのではという噂もありますので発売が楽しみです。

Microsoft Office も購入方法にサブスクリプション版が追加されたり、どんどん変わってきていますが、Office Onlineがあるので個人で使用したいときはOfficeを購入する必要がないかなぁと思います。マクロ使用するなら別ですけどね。

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad