半沢直樹シリーズの『銀翼のイカロス』は銀行最大の危機に挑む

01_silver-sky

半沢直樹シリーズ第4弾『銀翼のイカロス』を読みました。

いつも通り半沢の邪魔をする旧東京第一銀行出身者とそれに加担する人物がでてきます。
銀行と政治家の癒着がネタですが、半沢がその悪事を暴いて自分の窮地をはねのける内容です。

02_silver-sky

内容

東京中央銀行の審査部では、経営危機に瀕する帝国空港の再建計画に失敗し、営業二課の半沢に担当替えが命じられます。
その審査部で担当していたのが、旧東京第一銀行出身者の紀本という人物。
半沢とその部下が必至で再建案を出してこれならうまくいくというところで、帝国空港再生タスクフォースが設立され行く手を阻みます。
帝国空港再生タスクフォースは半沢達が提出した再建案を白紙に戻し、さらには銀行に債権放棄しろと言っていきます。

半沢が提出した再建案で帝国空港は自力で立て直すことが可能という予測もあり、債権放棄を拒絶しようとするのですが、紀本がなんとしても債権放棄を承認させようと邪魔してきます。
徐々に明らかになってきたのは、東京第一銀行時代に紀本が政治家の箕部に問題融資をしていたという事実。
それを知っていた帝国空港再生タスクフォースの及原が紀本に債権放棄しないと暴露するとゆすり、なんとしても債権放棄しようとしていた紀本。

ですが、紀本の力及ばず債権放棄できないとわかった及原が、東京中央銀行の中野渡頭取に債権放棄しないと暴露するとゆすりにかけます。
この問題融資を表沙汰にしたら東京中央銀行の信用問題に。。。

その時期と並行して半沢は紀本が政治家の箕部の問題融資を全てを調べ上げ明らかにし、中野渡頭取に内藤部長を通じて報告します。
中野渡頭取も苦悩の末、全てを明らかにし債権放棄を拒絶し、責任を取って辞任します。

銀翼のイカロス [ 池井戸潤 ]

銀翼のイカロス [ 池井戸潤 ]
価格:1,620円(税込、送料込)

まとめ

面白くて約1日で読んでしまいました。
半沢同期の渡真利や近藤も登場していますが、ドラマのあの3人も配役ピッタリですね。
演じているシーンがすごく想像できました。

ただ、ドラマの銘台詞「倍返しだ」発言は、私が覚えている限り1回だけでした。

ドラマで片岡愛之助さんが演じたオネエ言葉の金融庁・黒崎がちょっとでてきます。
今回も相変わらず銀行に厳しい黒崎さんですが、ちょっと見直しました。
ただ嫌がらせしているだけではなく、まっとうに仕事に取り組んで自分が正しいと思ったことをやっているんですね。

池井戸潤さんの本は展開が読めますが面白いです。

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad