ドラマの下町ロケット~ガウディ計画編~は本にほぼ忠実に作られていた

01_shitamachi-rocket

阿部寛さん主演ドラマで大人気だった下町ロケット2を読みました。

下町ロケットはロケットエンジンバルブ開発の話ですが、下町ロケット2はガウディ計画と言って医療機器である人工弁開発の話です。

佃製作所の社長と社員で難しい機器開発に取り組んで成功する話です。

02_shitamachi-rocket

内容

佃製作所は中小企業ですが、大手企業の帝国重工にロケットエンジンバルブ部品を提供することで安定した実績を持っていました。

ある日、日本クラインという大手企業からコアハートという人工心臓部品の試作品開発を依頼されます。
試作後の量産という話でした。
しかし、池井戸潤さんの作品なので行く手を阻む敵が現れます。
サヤマ製作所という会社に量産の話を取られてしまいます。
さらに帝国重工からロケットエンジンバルブの提供も、帝国重工との共同開発という形でサヤマ製作所に取られてしまいます。

話は前後しますが、以前佃製作所で働いていた真野のいう人物が佃製作所に仕事を依頼してきます。
人工弁の開発というガウディ計画を一緒にやってほしいということです。
最初は引き受けないつもりでしたが、サクラダという編み物会社社長の熱意にうたれゴットハンドの医師・一村教授と一緒に開発します。

開発は難航しますが優れた技術力のある佃品質でなんとか作成します。
医療機器はPMDAという団体の厳しい審査を通過しなければならないのですが、一村教授の師匠である貴船教授からPMDAに根回しされてPMDA審査員・滝川という人物から審査通過を阻まれます。
佃社長はどんなに阻まれてもあきらめず、最後は佃社員が情熱を訴えかけて審査リーダー山野辺が通過を認めます。

このPMDAの審査会中、ドラマでは滝川と貴船教授の不正を暴露していましたが、本ではそんな場面はありませんでした。

また、サヤマ製作所で作成されたコアハートの不具合で臨床試験中の患者がなくなります。
実はサヤマ製作所はコアハートの実験データを偽装していました。
その事実は週刊誌に報じられ、共同開発をしようしていた帝国重工はサヤマ製作所との取引をやめて佃製作所からロケットエンジンバルブ提供に切り替えます。

ドラマでは佃製作所と帝国重工でサヤマ製作所の偽装データを暴くという話になっていましたが、本ではそんな場面はありませんでした。
また、ドラマではサヤマ製作所社長と佃社長が「偽装データの件が明日週刊誌に掲載される」という話をしているシーンがありますが、本ではありません。

最後は、人工弁の臨床試験に成功して医療機器製造の承認通過して終わります。
ドラマでは最後にまたロケットの打ち上げをして、椎名社長が登場して終わります。

下町ロケット(2) [ 池井戸潤 ]

下町ロケット(2) [ 池井戸潤 ]
価格:1,620円(税込、送料込)

まとめ

基本的には本通りにドラマが進んでいきましたが、最後の方はアレンジが加えられていました。
正直本の方がストーリー的に自然です。

提携しようとしている帝国重工と、競合の佃製作所偽造データを暴くというところも不思議ですし、最後ロケット打ち上げで終わるのも不思議です。
だってメインテーマは医療機器ですからね。
画にはなりますがね。

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad