ピアノを買取の流れ。業者滞在時間20分

01_piano

ピアノを買い取ってもらいました。

長年愛用してきたピアノ。それでも最近弾かなくなってしまいました。
狭い我が家にはスペースを陣取っている要因のピアノ。
思い切って買い取ってもらいました。

ピアノなんて何度も買取することないと思いますのでその時の流れをメモしておきます。
もう、家にピアノがないので売ることないと思いますけど…

  1. ネットで一括査定依頼
  2. 日取りを決定
  3. 業者引き取り
  4. まとめ

ネットで一括査定依頼

最初にネットで一括査定をお願いします。
業者さんが多いので、どこがいいのかよくわかりません。
一括査定依頼できるサイトがあるので、そこでピアノの種類、メーカー、色、ペダルの本数、モデル名、製造番号などを記入します。
モデル名と製造番号はピアノの天井蓋をあけると調律シート(調律日を明記するカードみたいなもの)がありますので、そこで確認します。

私が依頼したのは、引っ越し侍のピアノ買取です。

依頼して数時間後に1つの業者から査定の連絡がメールで届きました。
その翌日にも他の業者から査定の連絡がきました。

複数の業者から査定連絡がありますので、好きな業者を選んで査定を依頼します。
値段の高い業者さんにお願いしたんですが、他の業者さんと3万円ぐらい差がありました。

配送料は業者持ちでした。

日取りを決定

査定の連絡を受けて1週間後に、メールで業者さんに買取を依頼したところ、次の日に電話がかかってきました。

電話で聞かれたり言われたことは下記の通りです。

  • 傷などがあるか
  • 階段はどれだけあるか
  • 実物を見て部品欠損等があれば再度査定あり
  • 買取金額が現金渡し
  • 椅子の引き取りなし

椅子の引き取りは、業者さんによってはしてくれるところもありました。
また、2cmくらいの傷があったので3,000円引きになりますと言われました。

この電話で即決したので日取りを決めるため、いつ以降なら引き取りできるか業者さんからメールに入れておいてもらいました。
業者さんからの連絡によると、1週間後以降であれば伺えるとのことでした。
電話のあった日のうちにメールで返信すると伝えたので、家に帰ってすぐに家族と相談して日取りを決めて連絡しました。

翌日にまた確認の電話があり、引き取り日の前日に配送業者さんから何時くらいに伺うかの連絡が入ると言われました。
引き取り日の前日15時頃、配送業者さんから14時~16時に来るという連絡を受けました。

業者引き取り

14時~16時に来るということなので、当日に荷物が出しやすいよう、家具を少し移動させました。
なんせ、家は狭いので家具を移動させないと業者さんが作業できないんです。

「だいたいこういう時ってくるの遅いよね」って話をしていたら、14時10分過ぎに業者さんがやってきました。
早いです。

02_piano

まずは、査定です。
鍵盤の弦が切れていないか、傷はどの程度のものか、ペダルは機能するかなどをざっとみて修了です。
5分もかからないうちに、事前に通達されていた査定額を現金で渡され、受領書に署名と印をしました。

そして、運ぶ作業です。
どんな風にして運ぶのかと思ったら、ピアノの下に丸太を入れててこの原理を利用して縦にしました。
ピアノを縦にしたまま紐をひっかけて肩にかけて運んでいきます。
もちろん傷つけないようにカバーはしています。

いや~縦にして運ぶと思っていなかったんで、思わずじっくり見てしまいました。
配送業者さん、いつも見られているとは思いますが、がん見してすみません。

業者さんがきてものの20分で作業完了し、去って行きました。

まとめ

査定から引き取りまで約3週間かかりました。
査定の連絡後、1週間放置していたので3週間かかったんですが、もっと早く連絡すれば査定から引き取りまでの期間が短縮できたのかもしれません。

今回頼んだ業者さんは、メールと電話どちらもくださり、対応も迅速なので安心でした。
むしろ、こんなに連絡頻繁にくれると思っていなかったんで驚きました。

配送さんに聞いたところ、当日5件目の訪問だそうであと1件で作業が終わるとのことでした。
1日で結構回収しに行くんですね。

03_piano

今回買取してもらったピアノは25年以上も前のものです。
あまり期待していなかったんですが、結構いい値がつきました。

大好きだったピアノですが、もう弾かないので誰かのところで大切にされることを祈っています♪

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad