大石昌良の君に聞かせる物語ツアーは大盛り上がりで楽しかった!

01_oishi-kiminikikaseru

大石くんの君に聞かせる物語ツアーに行ってきました!
今回はバンドを引き連れてのツアーファイナルです。

02_oishi-kiminikikaseru

今回のツアーは最初からはしゃぎすぎて名古屋公演では足がつったそう。
大阪公演ではライブ前にハクリューポケモンが齋藤くんのスマホにだけ現れて、自分のスマホに現れないから探してたらいつのまにか舞台に上がってたそうです。
話の流れで俺がみんなのレアポケモンになってやると言っていました。
また、リキッドルームにミュウポケモン(ポケモンキャラ知らんのだかたぶんあってると思う)がおったとつぶやくようにも言ってました(笑)
たしかに大石くんミュウに似てる。

ほのかてらすは、お祖父ちゃんとの大事な思い出のある大好きな景色を壊さないで欲しいという気持ちが題材の歌だそうです。
昔、お祖父ちゃんとよく夜釣りに行ってた場所が埋め立て地になって悲しかったそうです。
そのおじいちゃんが、子守唄の替え歌を歌ってくれたそうで、内容が「ねんねんころりよ猫の爪に蟹が入って痛かろうに」という内容で、全然寝れなかったという笑い話もしてくれました。
おじいちゃんの替え歌自作なのかな。。?

眼鏡ダーリンでは、引きこもってそうな人を眼鏡ダーリンとして舞台に上げました。
選ばれたのは、静岡からきたひろあきくん。
会場あっためておいたし、客席の人は優しいからなんでもやってくれる。ということでひろあきくんにも「リキッドルーム」って叫ばせてみんなから歓声をもらうことに。みんなからは大歓声をもらってました。だんだんひろあきの方が歓声上がるようになってきて、嫉妬し始めるまぁくん。
ひろあきも慣れてきたのか手ふってたら、「あんまり調子にのるな」と大石くんから叱責されてました。

眼鏡ダーリンは客席の眼鏡ダーリンを一人選出し、大石くんに自分の眼鏡を渡すのが通例。舞台袖に二人が離れて立ち、ステップをふみながらマイクに進み、ひろあきが大石くんに眼鏡をかけて歌開始。眼鏡ダーリンを歌っている間、ひろあきの眼鏡は大石くん目元に。
今回も度がきつかったそうです。ってことは、ひろあきくん全然見えなかったってことですね(笑)

途中、ひろあきの話をちょいちょい出してたんですが、ひろゆきと名前間違え、客席から散々指摘される始末。

耳の聞こえなくなった恋人とそのうたうたいは、もう有名ですが、大石くんの実話。
昔、恋人が補聴器ないと聞こえなくなってしまい、あの頃は一番伝えたい人に伝わらずやきもきしていたそうです。
今だと、想いを耳に聞かせるんじゃなくて心に届けるんだという考えになり、あのときは伝える努力が足りなかったと反省しているそうです。
この曲、生で聴いた方がいいです!今までと全然違う曲に聞こえました。キーボードが迫力をだしていてよかったです。

よく自分のことをつぶやいている内容を見ているらしいのですが、ツイッターは良いことしか書かれてない。
だからエゴサーチしてみるんですが、人のブログをみてもほとんど良いことが書いてあるそうです。
ただ一部には苦情があり、茶番長すぎと書かれていたのを見つけ、「知ってる、それわかってる」と突っ込んでいました。
長いけどMCがまったくないアーティストさんだと残念な気持ちになるのでしゃべってくれる方がライブ行ったかいがあります!!

いつもみんなと結婚したい気持ちで歌ってる。女の子だけでなく、男の子とも結婚したいという気持ちで歌ってると言っていました。
なんでも受け止めるのでツイッターでつぶやいてとも言っていたと思います。

今回がツアーファイナルなので、アンコールではメンバーを一人ひとり呼んで面白いことを言ってもらうことに。
まずはドラムの石丸ただしさん。脇を隠しての登場。それには大石君が「それ面白いと思ってるの?」と突っ込み、ちょっとおもしろいと思ってやったと白状していました。
つづいてお笑い担当齋藤勇治さん、今は裏方の仕事をしており、ソニーで新人指導しているそうです。大石君がソロデビューした当初のバンドメンバーですが、昔と大分印象が変わりました。
あと、やるなとは思っていましたが、トレンディーエンジェルの「齋藤さんだぞ」をやらされてました(笑)
ピアノ・キーボードの岸田勇気さん。通称キッシー。「前の方、真ん中の方、後ろの方」と声かけして客席から歓声をもらっているのを横目で見た大石君も同じように真似してやっていました。

グッズ紹介では、大石君が着ている白TシャツLサイズと石丸さんが着てる黒TシャツMサイズを紹介し、サイズによっては売り切れてるとのこと。
タオルと眼鏡は開演前に売り切れてしまったそうです。
03_oishi-kiminikikaseru

普段の売れ行きを加味して物販数を大石くんが決めてるらしいのですが、予想を上回った売行。これは大石君のミスということで、通販で売るのをこの場で決定。8月中には売れるようにしたいと言っていました。
大阪公演のツイッターで、タオルと眼鏡が売り切れた情報を事前に入手したので、先行物販に行き無事入手できました!!
04_oishi-kiminikikaseru
05_oishi-kiminikikaseru

グッズ紹介でめがねをかけていたので、今はカタカナの「オーイシマサヨシ」ということで君じゃなきゃダメみたいを披露。すごい盛り上がりました。

今後のライブスケジュールの告知では、日にちがうろ覚えらしくたどたどしい様子でお客さんに確認しながら告知することに。お客さん、よく把握してます。
浅沼さん監修で9月に「耳の聞こえなくなった恋人とそのうたうたい」のシングルMVを1500円税抜で販売が決定。メイキングも収録されているそうです。
早ければ2016/08/07に30秒スポットをYouTubeにアップしてくれるというので楽しみです♪

結構前から言っていますが武道館行きたいとおっしゃっていました。
みんなと一緒に行きたい。1人欠けたら僕の夢がひとつ欠ける、自分をみくびらないでください。自分を大切に。元気でいてねみたいなことを言っていました。
あと、生命保険の見直しもね(笑)って俺が生命保険の見直ししないといけない~と言っていました。
生命保険の見直し、ぜひ早々にしてくださいと心から叫びたかったです。エゴサーチでこのブログを見たらすぐに見直ししてほしいです。私、生命保険入っていないのですが、2015年の病気のせいで生命保険から加入拒否されていますので。。。

今回の君に聞かせる物語は、結構盛り上がれる曲が多いです。
弾き語りLABの際に、耳の聞こえなくなった恋人とそのうたうたいをメインにひっさげてアルバム作成と言っていたので、正直しっとり系のアルバムかと思っていたのですが、全然違います。
メロディーな曲が多く、クラップする曲が多かったです。
幻想アンダーグラウンド、大好きなのでやってくれてよかったです。
ファイヤーを聞くとSound Schedule時代の音に似ているなぁと思う箇所があります。
ほのかてらすは、Sound Scheduleの解散ライブでもやっていたので、どうしてもあの時の光景を思い出してしまいます。

バンド形式でもキーボードがいるので、Sound Scheduleと違うなぁとは思います。そしてソロになってからキーボード入れた楽曲が増えたのがとてもうれしいです。

でもSound Schedule大好きなので年に1度の祭典を楽しみにしています♪

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

君に聞かせる物語 (初回限定盤 CD+DVD) [ 大石昌良 ]
価格:2922円(税込、送料無料) (2016/8/7時点)

セットリスト

  • ソングライター
  • 都会の蝉は夜に鳴く
  • ピエロ
  • 幻想アンダーグラウンド
  • はじまりのメロディー
  • ほのかてらす
  • ミュージックブレイク
  • 終焉的メロドラマ
  • 眼鏡ダーリン
  • 別れの種だね
  • ファイヤー
  • トライアングル
  • ストーリー
  • 耳の聞こえなくなった恋人とそのうたうたい

アンコール

  • 君じゃなきゃダメみたい
  • ダイヤモンド
  • 東京ループ

昔は開演30分前から開場だったのに今回は1時間前からの開場。ライブ会場では今までよりも来客増えてます。
だいぶ人気になってうれしくもあるけど、なんだか遠くに行ってしまう気がして寂しい気もします。
座席があった時代が懐かしいです。

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad