家電批評2016年04月号付録のsimはお試し使用するにはいいかも

kaden-iijmio_key

2016年3月3日(木)発売の雑誌「家電批評 2016年 04月号【特別SIMのスターターコード付き! 】」(晋遊舎)が価格680円(税込)でIIJmioとコラボします。

このコラボsimは、500MB無料プリペイドまたは初期費用0円の月額契約プラン(データ専用・SMS機能付き・音声通話機能付き)が選べる選択式になっています。月額契約プランの場合、月々の支払いは通常通り自腹で払う必要があります。

まだ格安simってどういうものかわからないという方は、680円(税込)で500MBプリペイドを試してみて検討するにはいいですね。
でも、もう格安simで運用するんだって決めている人にとっては、初期費用3,000円(税抜)が680円(税込)ですむと思ったらお得です。
雑誌がなくてもいいやという方は、アマゾンでウェルカムパック(324円)を購入してから申し込めば、初期費用3,000円(税抜)が324円で済むのでもっとお得です。

私も初めて使用した格安simはIIJmioと提携しているBIC simでした。
最初は設定できるかドキドキしましたが、そんなに大変ではなかったですし、慣れてしまえば月額料金が抑えられます。
なんといってもIIJmioは格安simの老舗なので、安定していますし、使用している人もたくさんいますので、何か不明点があればネットで検索したら解決することが多いです。

SIMカードは後日発送となるので、デジモノステーションの付録とは違ってサイズが選べるんじゃないでしょうか?
詳細は発売されてからでないとわかりません...

デジモノステーションの付録、本当にお得だったなぁ。

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad