GOSMANIAファンの集い2018豊洲PITは田中創元さんの魅力たっぷりな公演


ゴスペラーズファンクラブツアーin豊洲に行ってきました。

最初に田中創元さんが登場
懐かしのファイブオーシャンズを再現してくれました。
大学卒業して一度は解散したけれど、再結成した4年後のスピンオフ。安斎はマネージャーになり、ケンジ、ジミー、カルロス、チャッピー、メロスを鍛えてる設定でした。

通常なら、ここでファイブオーシャンズがでてくるんですが、今日のみ『もしもゴスペラーズじゃなかったら~安岡編~』の結果を公開録画する事に!
事前講習は既に録画済みということで、何の職業につくのかは公開されず実践。見事バク転成功しました。

キングオブファイブオーシャンズがくりひろげられました。
早口言葉では、5回チャレンジして1回でも全員言えればOK。カルロスは全然平気だったけど、他のメンバーはダメで、特に黒ポンがダメダメでゲームオーバー。
罰ゲームは一人のメンバーがメンバーの一人をひたすら誉める。今回は黒ポンがリーダーを誉めました。

その後、休む間もなく歌います。

誰がリーダーかゲーム。
リーダーを一人決め、そのリーダーの動きに他の4人も合わせ、誰がリーダーか安斎にバレたら終わり。
最初のゲームで見事成功してしまい、「今のは練習」と言い張る安斎のおかげでもう一度ゲーム。
本番も成功しました。ちなみにリーダーは真ん中にいたメロス。最期まで安斎がメロスがリーダーではないと言い続けて見破られませんでした。

次はジェスチャーしりとり。
ジェスチャーのみで4文字以上のしりとりを2分以内にできれば成功。
カルロス→ケンジ→メロス→ジミー→チャッピー→カルロスの順。
カルロスはうまくてすぐにケンジの番に。ケンジが悩み、メロスになかなか伝わらず2分オーバーしたけれど、延長ボーナス。
ジミーの時に安斎が「これって下ネタじゃないよね?」と言い、カルロスとケンジにボコボコにされてました。
チャッピーのジェスチャーは全然わからなかったけど、カルロスには伝わったみたいで2回の延長ボーナスもありしりとり終了しました。
がタイムオーバーなので、またもや罰ゲーム。
今度は、ケンジからメロスを誉めました。

ゴスが着替えてる間に、ツアー時の出来事を話してくれました。
リーダーサングラスなくす事件。出番前にリーダーのサングラスがないことに気づきます。
創元が幕に出なければ始まらないということで創元さんは待機してましたが、一向にサングラスが見当たらない。
マネージャーも呼んでピリピリ感が…
そこを通りがかった振り付け師のギンギラなサングラスを借りて公演したことあったそうです。

苗場のリクエスト21位だったAir Mailを披露してくれました。

今回はバックバンド不在で、バリK~んと笹路さんが演奏してくれました。
途中、BGGの音源を再現して歌ってくれたんですが、やっぱり生音源がいいです。
実はリーダー、苗場のことで頭がいっぱいでファンクラブツアーの内容どうするかなかなか決まらなかったらしいです。
ヤスのソロライブで創元さんを見て「いた!」ということで急遽呼んだそうです。

創元さんでた瞬間すごく盛り上がったし、ゴスが着替えてる間に楽しい話でつないでくれるので、笑いの多いライブでした。

ただ、盛り上がる曲が少なかったので、不完全燃焼です。

今回も電子チケットで入場したんですが、紙チケットの場合は会員証と身分証明が必要で、持ってない人は別の列に並んで照合する必要がありました。
電子チケットは何の証明も必要ないので、入場スムーズでした。 

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad