Atomエディタをインストール

PPW_notenikakikomu500

AtomエディタをWindowsにインストールするため、公式サイトよりexeファイルをダウンロードします。
01_Atom


ダウンロードした「AtomSetup.exe」をダブルクリックしてインストールします。
02_Atom


警告メッセージが表示されるので「実行」をクリックします。
03_Atom


そうするとインストール中にATOMの画像が表示されます。
04_Atom


インストールが終わると自動でAtomが起動されます。
05_Atom


Ctrl+,で設定ウィンドウを表示します。
ここでいろいろ設定の変更ができます。

06_Atom


Show Indent Guideにチェック入れるとタグの開始と終了がわかる縦のラインが表示されます。
07_Atom


Show Invisiblesにチェック入れるとインデントされているタブや空白が記号で表示されます。
08_Atom


Show Line Numbersにチェックを入れると行番号が表示されます。
09_Atom


私が他に都度設定変えるところ

Soft Tabs タブを半角空白に変更する
Soft Wrap 折り返し表示する


レフトナビのkeybindingsを選択するとショートカットキーの一覧が表示されます。
10_Atom


レフトナビのPackagesを選択するとインストールされているパッケージの一覧が表示されます。
11_Atom


レフトナビのThemesを選択すると表示モードを変更できます。
12_Atom


レフトナビのUpdatesを選択するとUpdatesする一覧が表示されるんだと思います。
13_Atom


レフトナビのInstallを選択するとコーディングを便利にするパッケージがいろいろ入れられます。
14_Atom


入れたいパッケージのインストールボタンをクリックするとインストールボタンが縞模様になってインストール開始されます。
15_Atom


インストールされました。
16_Atom


「Open Config Folder」ボタンをクリックすると設定ファイル一覧が表示されます。
17_Atom


.atom\.packages\インストールパッケージ名\keymaps\パッケージ名.csonにショートカットキー一覧が記述されてます。いろんなパッケージをインストールしているとショートカットが重複することがあるので、こちらで変更していきます。
18_Atom


再起動しなくても反映されるのかよくわからないので、念のため再起動しておきます。
Sublime Textが人気ですが、有料なのとこちらの方が分割表示やプレビューなどできるのでこちらをインストールしてみました。

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad