ATOMエディタに入れて便利なパッケージ

key_atom-packages

最近ATOMエディタに入れて便利だなと思ったパッケージを紹介します。

autoprefixer

自動でベンダープレフィックス対応してくれるパッケージです。
cmd+shift+p(Windowsだとctrl+shift+p)でautoprefixerと呼び出すと必要なベンダープレフィックスを付与してくれます。
01_atom-packages

ショートカット登録したい場合は、ツールバーにある「file-kermap」を選択して下記を付け加えるとショートカットキーでプレフィックスを付与してくれるようになります。

'atom-text-editor':
    'cmd-shift-x': 'autoprefixer'

Windowsの場合cmd部分をctrlに書き換えればショートカットキーが設定できます。

'atom-text-editor':
    'ctrl-shift-x': 'autoprefixer'

04_atom-packages
05_atom-packages

実際にショートカットキーでパッケージを呼び出すと一瞬で付与してくれます。
06_atom-packages

atom-beautify

ソースのネストなどをきれいにしてくれるパッケージです。
minifyされたものを読みやすい形に整えてくれるので便利です。

cssのインデントサイズが初期値4カラムになっていますが個人的には2カラムにしたいのでセッティングでインデントカラム数を変更してからパッケージを実行します。
07_atom-packages

右クリックして「Beautify editor contents」を選択するとソースを整えてくれます。
08_atom-packages

ショートカットキー「ctrl+alt+o」でもソースを整えてくれます。

split-diff

画面を分割して記述内容で異なる箇所があるか比較してくれるパッケージです。
右クリックして「Sprit Diff-Toggle」を選択すると画面分割されるので、そこに比較したい文字を入力すると違う箇所を色で判別してくれます。

09_atom-packages

ショートカットキーは「ctrl+alt+t」です。

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad